あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんの酒場巡り 北区赤羽「鯉とうなぎのまるます家」

久々の友人との飲み。

行きたいところあったら言ってね、というと久々に「赤羽」飲みしようという話が挙がった!!

 

何だかんだ、一年近く訪れていなくて未だに呑兵衛ディープスポットとして人気な土地なのでこの日を楽しみにしていました。

 

駅前の広場には、多目的ベストとハットを纏い煙草を呑む姿が似合う、上野界隈とは一味違ったオールドソルジャーの方々が目につく。

 

 

友人(やきとん屋経営)と合流し、目的の店へ向かうべく一番街へ吸い込まれる半アル中男子二人。

 

駅から歩く事3分、、

目的のお店へと到着。

 

 

今回、この弱小ブログでご紹介するのはこちら。

 f:id:motan1129:20170925192148j:image

「鯉とうなぎのまるます家総本店」。

(写真は退店後のものです。)

 

はい、超有名店です。

 

昭和25年創業の老舗。

人気グルメ漫画、「孤独のグルメ」の舞台になった他、昨今の居酒屋ブームも絡み連日多くの(多すぎるくらい)客で賑わっている。

 

 

外観は落ち着いてるとはいえないですが、どんちゃん騒ぎ感と独特の色合いが特徴的だ。

 

 

日曜の15時過ぎ。

行列ができている事が非常に多いのだが幸運な事に、なんと1組待ち!!!

 

気づくと足が勝手に動き、並んでいた我々。

 

並んでいる間は、入り口扉の小窓から遠目に覗ける品書きから、メニューの陣立てを考える。

 

 

待つこと10分程で店内に入店。

 

 

剥き出しの蛍光灯に照らされた店内。

コの字カウンターが二つにテーブル席が3つ。

二階にも席が設けられているようだ。

 

キビキビと働く女性店員さん達は、皆お綺麗でカッコイイです。

特に若女将の眼光の鋭さが印象的であった。

 

 

もちろんカウンターに座りたかったのですが、タイミングが悪くテーブル席へと案内されてしまいました。。(こればっかりは運なので仕方ない)

 

さて、壁にズラーっと貼られた短冊メニューを見ながらまずは飲み物を注文。

 

 f:id:motan1129:20170925192222j:image

「サッポロ生ビール(小)」450円

この日も暑かったもので、、飲みかけで申し訳ございません笑

こちらの店は、小が普通の店の中生サイズになります。

 

残念ながら少し臭みが感じられ、泡の注ぎ方も丁寧でない為ビールに拘る方は赤星大瓶を頼むことをおススメ致します。。

 

同時注文しておいた一品はこちら。

 

 f:id:motan1129:20170925192235j:image

「牛すじ煮込み」450円

絶品です。

マイルドな味わいの煮汁が染み込んだゴロッとした人参、大根、こんにゃくがこれまた心に染みます。

大きめの豆腐はカットせず、まるごと器の中へ。

 

ホロホロっと崩れる食感の牛すじが、タップリ。

 

ボリューム、味、満点!!

 

 

 f:id:motan1129:20170925192246j:image

「鯉生刺身」(600円)

お恥ずかしながら、私初めて生刺身を頂きました。

 

少しドキドキしながら口に入れると、高級白身の様な上品な味と食感に驚く!

歯ごたえの良さは鯉にしかないものだと思います。

 

こちらも600円ながら、ボリュームが凄い。

 

「鯉と鰻の」と謳っているだけあって、こちらに訪れたら必ず頼みたい一品です。

 

他にも鯉こくや、鯉あらい、鯉うま煮といったメニューも在る様です。

 

 

さて、生も軽く飲み干し次のドリンクへ。

 f:id:motan1129:20170925192256j:image

「ジャンボチューハイボトル」(1100円)

 

出ました。アサヒ ハイリキプレーン。

ジャンボ酎ハイを略して、ジャンチューなんて言われたりもします。

あらかじめアルコールとソーダが配合してあり(度数7%)、ほんのり甘い香りがつけられ非常に飲みやすいお酒となっております。

 

僕はこれが大好きで、軽く一本をグイっと飲み干してしまいます笑

 

 

箸休めに注文した品はこちら。

 f:id:motan1129:20170925192308j:image

「グリーンアスパラ」(400円)

いい色をしております。

茹で置きで味がなじんでいて、シットリ美味しい。

 

綺麗に並べられた丸太の様です。

 

 f:id:motan1129:20170925192317j:image

「どじょうとぢ」(650円)

どぜうを居酒屋で頼むという気持ち良さ。。

 

いわゆる柳川鍋で、丸ごと一匹骨つきのどじょうがタップリです!!

山椒との相性はやはり◎!!!

 

 

そしてそして、ここでメインディッシュが登場。。

 

ででん。

f:id:motan1129:20170925192329j:image

「うなぎ白焼」(2300円)

来ました。鯉と鰻のうなぎの部分!!

 

1800円と2300円の二種類のモノがありますが、せっかく来たので高い方で!!

結果は大正解。

 

大きくて厚みのある鰻が丸ごと一匹。。

それも白焼きという贅沢さ。。

 

友人とウマイウマイ言いながら、二人で噛みしめる様に頂きました。

鰻を食べた時の幸福感は、凄まじいです。。

 

お腹の身はフワっと、尻尾の方は旨味がギッシリ詰まっております。

 

本当に美味しかった!!

 

 

以上にジャンボ酎ハイ1Lを追加注文して〆。

 

本日のお会計は8800円也(2名)。

上白焼きを頼んでこのお値段。。

 

かなりの安さであります。

鯉と鰻とどじょうとジャンチューを同時に頂ける大衆酒場。

 

世界中を探しても、恐らくココしかないでしょう。(真実はわかりませんが)

 

 

チャキチャキっと働く店員さんを見ているだけでも、酒が飲めそうです。

料理の味付けも独特で、これがあのまるます家の味なんだと妙に納得してしまいました。

 

 

次、訪れた際は揚げ物にもトライしてみたい所です。

 

これからもずっと、全国の方から愛される酒場なんだろうな。。

 

なんて考えながら店を後にすると、時刻はまだ17時。。

さて、ようやく一次会のスタートです!!!!(笑)

 

 

ご馳走様でした!!!