あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんの酒場巡り 足立区北千住 「五味鳥」

南千住、北千住。

 

どちらも違う雰囲気の漂う、二つの呑兵衛タウン。

 

今回は千代田線にゆらり揺られ、「北千住」駅に降り立った。(普段ならついつい南千住に行ってしまう所だけども)

 

駅前は非常に栄えており、様々なジャンルの店が軒を連ね、南とは違った賑やかな光景が目の前に広がる。

呑兵衛嗅覚が備わってくると(といってまだまだ初心者ですが)、どの辺に飲み屋街が広がっているかなどすぐにわかってくるものだ!!笑

 

かの有名な串カツの「天七本店」、チェーン店の「かぶら屋」を通り過ぎ奥へと歩いてゆく。
途中の日高屋では、出口からボーイのような男がラーメンをお盆のままテイクアウトしていた。

日高屋ってそんなサービスしてたっけ。。笑


なんて考えてるうちに今回の目的のお店に到着。
この日は魚で一杯か、焼き鳥で一杯か。。

で頭が一杯であった自分。


悩みに悩んでここ北千住の、有名ないわゆる赤提灯系焼き鳥屋に思い切って訪れてみた。(電車で約一時間かかるので、小旅行気分です)


そして店の名は、「五味鳥」。
非常にリーズナボーな価格で、美味い焼き鳥を頂けるとの情報は仕入れておりました。

f:id:motan1129:20170808193319j:image
非常に渋い佇まいに期待が高まります。
お腹もペコペコなので、サッと暖簾をくぐるとギリギリ一名でカウンターに通してくれた。


店の作りはカウンターが10席ちょっとに、少し狭のテーブルが1卓(1卓半くらい?笑)。


店員は三人で、髭を蓄えたおじさまが二人に棟梁の様な男性が一人。
中々の男臭さに若干の怖さを感じます笑
でも三人とも職人オーラが凄くて、カッコいい!!


まぁ下町の酒場ではよくある事なので、まずはドリンクを注文。

 

「瓶ビール サッポロ黒ラベル」。

f:id:motan1129:20170808193330j:image
ビールは瓶のみの様です。
しかも大好物の黒ラベル
グラスもずっしりしていて、トクトクとグビーっっといけばもう最高です!!


そしてこちらのお店ですが、全てのメニューに値段が表記されていません。
若干お会計が怖い所ですが、リーズナブルという情報を信じてせっかく北千住まで来たので気にせず頼みたいところ!!!笑


メニューは木札からチョイス。
木札から選ぶのも、酒場好きには堪らない。


まずは刺し系。

f:id:motan1129:20170808193405j:image

「とり刺」。
自分は最初の方に頼んだのですが、後から来たお客さんが注文する頃には売り切れていました。
早めに注文しておいてよかった。。


限りなく生に近いモノと思われます。
色鮮やかなピンク色に惚れ惚れ。

ちょいと醤油を垂らして頂く。
筋繊維の柔らかさがもの凄く、サラっと上品な香りと旨味が感じられます。
繊細で儚い味に驚きました。

 

 

f:id:motan1129:20170808193420j:image

「なんこつ」。
やげん軟骨です。
串の味はおまかせで、一本縛りにものもあるし、二本縛りのものもある様です。

こちらのやげん、周りに付いている肉の量が半端ではない笑
かなり大きめの軟骨は口の中で、豪快に鳴るコリッコリという音が頭に響き渡る!!
肉はとてもジューシーで、その肉汁とコリコリ軟骨が合わさるとエクセレント。

 

ここでドリンク変更。
定番の。。

 

f:id:motan1129:20170808193439j:image
「緑茶ハイ」。
こちら、一見すると「JAPAN」と書かれた市販のボトルをそのまま出している様に思えますが店員さんが焼酎と緑茶をその場でブレンドしてくれて、それからこのボトルに入れて提供してくれます。
しかも濃さが絶妙。薄すぎず、濃すぎず。 氷も溶けにくいものであり、グイグイいけてしまう。
ちなみにこちらのボトルで3、4杯は飲む事ができます。


そして頼んでおいたタレの串が登場。

f:id:motan1129:20170808193459j:image

「玉ひも」。
鶏の卵菅の部位で、キンカンは付いてない模様です。

ジュクジュクっとした食感、肉のジューシーさ、ひもの独特な噛み応えとサラっとしているが旨味濃厚なタレのマッチングが堪りません。
こちらのお店の緑茶割りと、非常に良く合う一品でございました。


まだまだいきます!!

続いては、、

 

f:id:motan1129:20170808193512j:image
「せせり」。
写真でもわかると思いますが、全般通して串はかなりの大振。
僕は結構量食べれる方なので全然余裕だったのですが、普通の量を食べられる方でしたら二人での訪問をお勧めします!!

焼き加減が素晴らしく、柔らかさとせせり特有のジューシーさを存分に感じられます。
また間に挟まれた玉ねぎも甘くて美味しい!

 

f:id:motan1129:20170808193531j:image
もも焼」
焼き鳥屋に来たからには、やはりもも肉も食べないとですな。
ねぎ間の形状になっており、間には葱とピーマン(好物なので嬉しい。)

もも肉は大きい方が間違いなく美味しいと、個人的には思います。
アツアツのももを口の中に頬張った時の幸福感。
タレとの相性が本日中最強です。。


そしてシメに頂いたのが、、

f:id:motan1129:20170808193608j:image
「レバー」
やっぱりレバーも頂かないとね!!笑

予想通りではありますが、臭みはナシ。
プリップリの大振りレバー、は滋味深い味わいで神々しく、不思議とこの日頂いた串が走馬灯の様に
フラッシュバックしてきました。

もう一度言いたいのが、緑茶割りとの(略)。

 


本日はこれにて終了。
お会計は確か約4300也。(すみません、メモするのを忘れてしまった為うろ覚えです。)


いや〜ガッツリ美味しい焼き鳥を食べさせていただきました。
お酒もたらふく飲んで、これだけ食べてこの値段でしたら誰もが大満足でしょう。

 

大振りだけど繊細さも感じられる、素晴らしい焼き加減の美味しい焼き鳥。
この焼き鳥だけ食べに北千住に来る価値、大いにアリだと思います。


良い気分で店の扉を開けると、外には行列が出来ておりました。
そりゃそうだよな、と思いながら二軒目へと向かう自分。

 

また必ず訪れたいお店です。


ご馳走様でした!!!!!