あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんの酒場巡り 中央区日本橋 「もつ焼き煮込み 鶴田」

まだ七月だというのに30度越えの真夏日が続く。。
どこに行くにしても、汗がダラダラと。。

こんな暑い日に、サラリーマンの熱気で更に蒸し暑くなる街「神田」に降り立ったあんさん。
この土地で素晴らしい煮込み、もつ焼き、料理、そして接客を提供する活気溢れる酒場な出会ってしまいました!!


駅から新日本橋方面へとテクテク歩いていく。

肉バルにワインバーにブラッスリー、大衆酒場に立ち飲み屋に有名チェーン。
神田には色々なジャンルの飲食店が存在するものです。

サラリーマンの街、新橋と似て非なるのはどちらかというと大衆酒場より肉バルやブラッスリーといったワインを提供する店が続々出店してる印象。


様々な飲食店が連なる通りを歩く事五分。
都会の喧騒を抜けた路地裏に、本日の目的のお店「もつ焼き煮込み 鶴田」が佇んでおりました。


ガラス張りで中は明るいのでお一人様でも非常に入りやすいです。

カウンター席数が多めのL字カウンターに、テーブルが数卓。
お近くのサラリーマンの方々で非常に賑わっております。

 

この日の最高気温は33度。
もう喉はカラカラだったので、ドリンクを店員さんに聞かれると食い気味で ナマ!!と叫ぶあんさん。


焼き台に、腕の太い(筋肉で)お兄さん。
ホールスタッフには、スラっとしてるけど髪型がカッコいい綺麗な女性2人。
洗い場にはスウェーデン人の白人さん(もちろんイケメン)のフォーメーション。


笑顔で生が提供されます。

f:id:motan1129:20170714192125j:image
「サッポロ生ビール」(480円)

今や中生は500円越えが当たり前ですが、神田という土地でそれ以下です。
サッポロの麦のコクが、ジョッキ生でググッとより一層わかります。

楓と書いており疑問に思いましたがやはり、どうやら弊店は錦糸町の「もつ焼き煮込み 楓」の姉妹店の模様。

 

そして、生と同時に頼んでおいた絶品料理の登場。

 

f:id:motan1129:20170714171643j:image

「牛もつ煮込み」(500円)

店名に「もつ焼き煮込み」と付けているだけあって、煮込みは看板メニューの様です。

「崩れてしまった煮卵があったので、サービスです〜」と女性スタッフ。
いやもうホント嬉しいです笑

使用している皿は月島の岸田屋さんと同じもの(これよくみるけど)。
量はミドルサイズいった感じでしょうか。


驚くのは箸で触って瞬時に解る柔からさ!!
丁寧にトロットロに煮込まれているのが食べずともわかる。。!!

f:id:motan1129:20170714192206j:image

定番の牛シロに加え、センマイがタップリと入っておりました。
煮るという行為をあまりされないセンマイですが、非常に美味しいものです。

様々な部位の旨味、脂身、味噌のコクが最高のバランスを保っている素晴らしい煮込みであった。

 

煮込みがウマすぎて、生を速攻で飲み干しドリンク変更。

f:id:motan1129:20170714192154j:image

「チューハイ」(370円)
焼酎はシャーベット状のモノを使用。
この辺りもウッチャンやでんに似ております笑

また外瓶にはサーバーから直接ソーダを注いでいるので炭酸の具合はスカッと最高!!


さて焼き物も注文!

まずは定番の、、

f:id:motan1129:20170714192227j:image

「れば」(120円)
塩で注文。
ほぼ炙りの状態なので、すぐに供されます!!

滅茶苦茶ウマイ。。
甘みも脂も感じられ濃厚さも感じられる柔らかレバー。。

f:id:motan1129:20170714192242j:image

レアめな焼き加減が好きな方には堪らない一串かと。
色からして新鮮さが伝わってくる豚レバーでありました。

続いて塩ものをもう一品。

 

f:id:motan1129:20170714192304j:image
「かしら」(150円)
厚み、柔らかさ、ジューシーさがそれぞれ高得点。
これぞ旨いかしらのお手本といった感じ。

塩によりそれが更に引き立つ。
サイズも丁度良く、久々に美味しいかしらを食べました。

 

f:id:motan1129:20170714192333j:image

「上なんこつ」(230円)
カリカリに焼き上げられた豚の声帯。
喉軟骨を上品にした様な感じで、歯切れの良いコリッコリ感が堪らない。


ここで再びドリンクを変更。
やきとん屋といったらコレ。

 

 

f:id:motan1129:20170714192344j:image

「ホッピー」(450円)
こちらも焼酎はシャリキンを使用。
しかし、店員さんに言えば普通の金宮焼酎でも提供してくれます!!

 

f:id:motan1129:20170714192417j:image

「てっぽう」(140円)
直腸です。
こちらは醤油ダレで頂きます。
醤油で香ばしく焼かれた表面はカリッと、中は絶妙な火入れでフワフワに仕立てられているウマイ!!

 

 

 

続いて刺身系からも一品注文します!!
ハツ刺、センマイ刺、コブクロ刺と定番が揃う中チョイスしたのは、、

 

f:id:motan1129:20170714192435j:image
「牛はらみぽん酢」(590円)

ガチのサッと炙りでほぼ生の状態に近いのではないだろうか笑
わさびにレモン、フライドガーリックに玉ねぎと薬味の種類の多さが嬉しい。

さっと炙りのハラミは非常にヒジョーに柔らかく旨味も強い!!

もちろんぽん酢との相性は◎です。

 

ここから串に戻って、、

 

f:id:motan1129:20170714192533j:image
「こぶくろ」(140円)
オススメとの事で味噌ダレで頂きます。
プリプリっコリッコリの、全く臭みが無い新鮮さが伝わってくる絶品コブクロ
めちゃくちゃオススメの一品です。

 

 

f:id:motan1129:20170714192547j:image
「しろ」(120円)
ここにきて定番のシロを注文。
サイズはミドルサイズといった所でしょうか。
柔らかい食感を残した比較的上品な焼き加減のシロで御座います。

良く焼きにしたらまた一味違うのでしょうが、これはこれでめちゃくちゃウマイ!!

 

 

f:id:motan1129:20170714192657j:image
「れば」(120円)
〆の一本。
非常に美味しかったので、最後に味噌ダレで頂きました。
レバーの脂と旨味と、味噌ダレの濃厚なコクとパンチが最高。。!!

 

以上で本日は終了。
これにドリンクはホッピー中2、セットをもう一個注文して4950円也(一人)

 


新鮮さがとても伝わってくる素晴らしいやきとんに、絶品のトロトロ牛煮込み。
一品料理や刺身も充実しており、神田という立地ながらお値段も手頃。


元気のいい店員さんは、どんなお客さんにも笑顔で丁寧に接客されていて見ていてとても気持ちが良かったです。

 

もつ焼き屋が少ないイメージの神田ですが、素晴らしいお店に訪れる事ができて非常に幸せな気分!


皆様も是非、鶴田の「もつ焼き煮込み」を食べに訪れてみてください!!


ご馳走様でした!!