あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんの酒場巡り 葛飾区四ツ木 「ゑびす」

今回訪れたのは、かの有名な呑兵衛タウンの立石。。


のお隣さん、「四ツ木」駅に良き大衆酒場があると聞き、降り立って参りました!!

 

 

駅は、京成押上線ならではの若干のローカル感を醸し出しております。

 

そこまで遠い訳ではないですが、毎回このエリアにくると小旅行気分でワクワクするものです。

 

駅から歩くとすぐに商店街が現れ、(かなり寂れてる笑)更に進んでいくと目的のお店に辿り着く。。


目的な店の名は、、「大衆割烹 ゑびす」!!!

f:id:motan1129:20170709205155j:image
非常に渋い佇まい(改修工事後だそうですが)で期待が高まります。

f:id:motan1129:20170709205212j:image

f:id:motan1129:20170709205228j:image
両脇に置かれた看板のデザインが堪りません。

特に、水色の金宮のロゴ!!笑


めちゃクールでカックイイです。。


開店時刻は16時で、同時刻に暖簾が出され店員さんが招き入れてくれます。

店内は非常に小綺麗で小上がりに用意された座敷のテーブルがいくつかと、長いカウンターの造りとなっています。

 

f:id:motan1129:20170709205257j:image

席に着くと、壁にズラーッと貼られた品書きの多さに圧倒される。。
これ、ほんの一部なのですがありすぎて本当に悩みました笑
しかも値段はチェーン居酒屋が見習ってほしいほど、どれも激安だ!!


刺身はご丁寧に産地まで書かれていて、これがまた嬉しい!
訪れた事はないけれど、海や漁港の感じを想像しながら食べるとより一層美味くなるものです笑


さてはまずは、飲み物!!
瓶ビール三種に生ビールはアサヒのエクストラコールドまで置いている。

この日は30度超えの天気だった為、、

 

f:id:motan1129:20170709205316j:image
「生ビール 中」(500円)
アサヒ スーパードライでございます。
何故だか、スーパードライは夏の暑さにピタリですな〜。
まずは生ビールで喉を潤す。(吉田類の酒場放浪記風)

 

膨大な品書きから刺身で一杯やりたいなと思い、、

 

f:id:motan1129:20170709205330j:image

「カワハギ刺身」(410円)
なんという事でしょう、、
三重産のカワハギの一尾お造りが410円。。

f:id:motan1129:20170709205547j:image

もちろん、バッチリ肝も付いてきます。

カワハギは身は非常に淡白なのですが、肝はとんでもなく濃厚な魚です。

まるでピーナッツバターのような重厚なマッタリ度と味、舌触り。
これが身と醤油と融合し、これらが口の中で混ざり合うと至福の時が訪れますよ。。

また非常に薄造りなので、肝の味わいがより一層味わえます。


安いので刺身をもう一品笑

f:id:motan1129:20170709205410j:image
シマアジ刺身」(410円)
こちらは愛媛産。
養殖でも値段の高いシマアジがこの値段、恐るべし下町酒場。

旬のシマアジは脂がノッててウマイ!!!

 

ここで飲み物は瓶ビールに変更。

 

f:id:motan1129:20170709205435j:image

キリンビール」(580円)
酒場でキリンといったら、やはりキリンラガービールですな。
かわいいミニグラスでトクトクと。。

 

f:id:motan1129:20170709205454j:image
「いんげんのごま和え」(確か310円)
野菜も注文。
こちらを食べた友人の感想。

「いんげんってこういう味だったなぁ。」

渋い。確かに。

個人的な話ですが、母がよく生姜和えを作ってくれたのを思い出しました笑。


続いて、

 f:id:motan1129:20170709205505j:image

「肉豆腐」(410円)
ボリュームに驚かされます。
大きめの絹豆腐に豚肉がドッサリ!!

濃すぎずのいい塩梅の味付け。

魚、魚、野菜からのガッツリ系にノックアウト。。

刺身も美味しいけど、酒場の心温まる定番メニューも美味しいです。
豚の脂身のジューシーさと煮汁、豆腐の柔らか食感のハーモニーが堪らない。


そろそろ飲み物を変更。

f:id:motan1129:20170709205613j:image
焼酎ハイボール」(300円)
大衆酒場といったらやはりコレ。

宝焼酎の「純に」天羽の梅をブレンドしたものが予め仕込まれており、それにDRINK NIPPONの小瓶の炭酸水を勢いよく注ぎます。

アルコール濃度はそれなりでいい感じに酔っ払ってきます笑


そして刺身をもう一品。。

 f:id:motan1129:20170709205630j:image

「鹿肉刺身」(510円)

魚の刺身ではなく、シカです笑
こういったメニューもあるのが、その辺の大衆酒場と違う所でしょうか。

滋味深い味わいで、良質なタンパク源感がハンパない。。
これが筋肉になると思うと、より一層美味しくなるものです笑

 

以上で本日は終了。
友人と二人で酒を二、三杯各自飲みお会計は約6300円也。


素晴らしい酒場でした。
好きなメニューを自ら構成出来る事が、大衆酒場(特に)や飲食店巡りの醍醐味だと僕は考えます。


こちらの店に訪れ、メニュー選びの楽しさに改めて気づけました。

友人とどれにしようかと悩み、あれにしようと合致した時の感覚。
非常に、貴重な楽しさでした。

やはり下町酒場ってイイ。


ご馳走様でした!!!!