あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんのアジア筋肉食紀行in 韓国 その2 広蔵市場「昌信ユッケ」

鱈のスープを食べ終え、心も身体も満たされとても気持ちが良い。。(酔ってる)

 

店を出てから、散歩がてら南大門市場を散策する。

 

様々なブランド品のパチモンが売られ、「オニイサン バッタモンアルヨ」といった言葉が30秒に一度鼓膜に叩きつけられる(バッタモンって言葉知ってるのね。。笑)

しかし、質はそれほど悪くなく(値段もものすごく安いという訳ではないので)、ついつい手が延びていってしまったり笑

 

 

生鮮食品も店頭に売り出されていて、現地の魚食事情も少しだけ知る事が出来た。 やたらと大ぶりな鯵に綺麗な鯖。 なにより、太刀魚が多い事に驚かされる。

韓国は太刀魚の消費量がかなり多いらしく、辛く煮付けたり焼いたりと日本では中々お目にかかる事の無い調理法で食しているようだ。

 

さて、日が暮れ始めてきていい時間になってきました。 お腹も空いてきたし、韓国旅行初の夕食を食べに目的地へと向かいます。

 

 

f:id:motan1129:20170612115010j:image

タクシーで訪れたのは、広蔵市場(クワンジャンシジャン)。 観光地としても、有名らしいが地元の方でも賑わっていそうだ。

 

f:id:motan1129:20170612115102j:image

f:id:motan1129:20170612115124j:image

f:id:motan1129:20170612115026j:image
通りを歩くと様々な衣服や、食料品、キムチに乾物などが売られている。 少し先まで歩くと席を出して、韓国ののんべえ達が盛り上がっちゃってます笑
 

今回ここに訪れたのは、とある理由が在ったからだ。
それは、、

「牛レバ刺し」を食べる事!!!

 

かつて日本でも、牛のレバーを刺身で提供していました。(主に焼肉店や居酒屋等で)

しかし「焼肉酒家 えびす」という店で、食中毒事件が発生。
それを受けて、平成24年厚生労働相が牛のレバーの提供販売を禁じました。

相次いで、豚の生レバーの提供販売も平成27年に禁止される事になります。


要は、日本において「レバ刺し」は幻の料理となってしまったのだ。。


しかし!!!!
ここ韓国では禁止されていません!!!笑

これは食中毒なんか気にしないで、食べるしかないでしょう笑

 

市場をある程度進み、路地に入ると異様な雰囲気に包まれます。

f:id:motan1129:20170612115050j:image

生肉専門店が連なる、生肉横丁がそこには在りました。。


そこそこのディープさもあり非常にテンションが上がる中、どの店に入るか非常に悩みます。。(どの店もメニューがほとんど同じな為笑)


なので、一番賑わっていそうなこの店をチョイス!!

f:id:motan1129:20170612115147j:image

店の名は「昌信ユッケ」。

f:id:motan1129:20170612115156j:image
店外でお姉さん店員が、生ユッケやレバ刺しを皿に盛っています。
これが食べれるのか。。!!

 

 
店内に入るとテーブル席に案内されます。

f:id:motan1129:20170612115209j:image
広くは無い店内ですが、席間が狭く60人くらいは入りそうな雰囲気。

訪問時は金曜の夜だったので、主に現地のサラリーマンの方々で賑わっていました。
韓国の方達は、結構声がでかくてパワーがあり迫力があります笑

 

f:id:motan1129:20170612115221j:image

f:id:motan1129:20170612115232j:image
まず着席と同時に、スープ、青唐辛子、生ニンニク、味噌が席に置かれる。

これらは当然お代わり無料!


こちらは牛すじのスープなのですが、とても深い味わいの出汁が滲み出ていて、牛すじは和牛筋の様な甘みが噛むたびにジュワジュワっと溢れ大変美味しかった。

 

f:id:motan1129:20170612115259j:image
同時にメッチュを注文!!
韓国ビールの味にも慣れてきました。


そしてまずは、、

f:id:motan1129:20170612115312j:image
「ユッケ」(12000W)
美しく輝く朱色の牛生肉の頂点に立つ黄身の存在感。

日本の焼肉店で食べるユッケとは、えらい違いのボリュームです!!!
これで約1200円ですよ、、生肉好きには堪らない筈!!!

生肉独特のマッタリとした食感と、ほんのりと香る滋味深い鉄分の味わい。。!!


タレのコクと、肉の下に敷かれた林檎の甘さが混ざり合うと更に美味い!!


これぞ本物の牛ユッケと言った感じで、非常に美味しく力が付きそうな一品でした。

 

続いて、、 

f:id:motan1129:20170612115322j:image
「生レバー、センマイ」(12000W)
とうとうきました!!お目当のレバ刺し!!

ツルッツルで箸で取るのが中々難しかったですが、急いでガッツきます!!

プルプルだけどサクッとした歯切れ。
独特の香りに、滲み出る旨い脂。
気持ちの良い喉越し。


これです。。!!
牛のレバ刺し!!
めちゃくちゃ美味かった。。


センマイはコリッコリコリッコリ食感で、日本のセンマイ刺しをイメージして食べると少しクセを感じるかもしれません。
ただ、美味しいです!!

 

f:id:motan1129:20170612115339j:image

f:id:motan1129:20170612115352j:image
飲み物はマッコリに切り替えます。
微炭酸でほんのり甘く飲みやすい、爽やかな乳酸菌の味がユッケとの相性◎。


もう一品欲しいという事で、、

 

f:id:motan1129:20170612115405j:image

「ハンチフェ」(1200W)
イカの刺身と野菜を韓国風にピリ辛に味付けした、夏場にピッタリ合いそうな料理!!
味付けは甘辛で、イカは新鮮さが伝わってきて噛み応えバチリ。

これとマッコリの相性がまた良し。 !!
酒がどんどん進んでしまうぜ。。

 

以上で本日は終了。
本場のユッケはボリュームたっぷりで、日本では考えられない価格で食べられるのだと衝撃を受けるのであった。


弊店はローカル度ありで、多少のアウェイ感も感じながら大変美味しいユッケや料理を頂ける素晴らしいお店でありました。

ガヤガヤとした雰囲気の中、生肉にソジュやマッコリを流し込めば現地人になれた様な感覚に!!!


またソウルに訪れたならば、ここにユッケを食べに行きたい。


ご馳走様でした!!!