あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんの焼肉屋巡り 文京区本郷 「焼肉ジャンボ はなれ」

 

焼肉はふとした時、無性に食べたくなるものだ。
最近一人焼肉してないな〜と思い、店を探していると焼肉ジャンボの中でも、本郷三丁目の「はなれ」はカウンターが設けられており一人焼肉が可能との事。。!!


一週間程前に予約の電話をすると、21時半からの席なら取れるとの事。
かなり遅い時間なので迷ったが、どうしても訪れてみたい店だったのでお願いする。


そしてとある平日の予約日。
起きた時から頭の中は、焼肉の事で一杯だった。
なんせ、かの名高い「焼肉ジャンボ」で一人焼肉できるのだから。。!!


仕事を終えても時間がかなりあるので、がっつり筋トレをする。(胸と上腕三頭筋、腹筋、有酸素30分)

これから焼肉を食べると思うと、無限にトレーニング出来る気がする笑 

 

さぁ、時間も近づいてきて本郷三丁目駅に到着!!


駅から歩く事3分程で店に到着。

 

f:id:motan1129:20170527151137j:image

f:id:motan1129:20170527151158j:image

本当に「焼肉ジャンボ本郷店」の向かいに佇んでいて、はなれ感満載です。

 

ガラス越しに店内の様子が見えるが、綺麗で清潔感があるのが既にわかる。

洗練されたシンプルな造りの扉を開き、「予約してたあんさんです」と伝えるとカウンターに案内される。

 


どうやら向かいの本郷店とは違い、はなれは個室とカウンターだけの造りとなっている様だ。


ピカピカで非常に清潔感があります。
白金高輪の店舗と違い、本当にシンプルでモダンな内装。


なんとテレビまで流しているカジュアル感。
非常に好感が持てます。


一人食べ飲みの良いところは全て自分でコース構成できる事。。
一応、本日は初めての訪問という事もありなるべく安めに抑えていこうかな、とは考えていました。

 

さて、着席してまずは飲み物。

f:id:motan1129:20170527151238j:image
「瓶ビール キリン一番搾り」(600円)

はなれのビールは生が「エビス」、瓶が「アサヒ スーパードライ」か「キリン一番搾り」のラインナップとなっております。
僕はやっぱり、瓶でトクトクと注ぎながら飲むのが好きですね〜。

 

 

f:id:motan1129:20170527151251j:image
焼き機はテーブルに埋め込まれた、専用ロースターで。

 

f:id:motan1129:20170527151306j:image
火加減などは調節できない模様です。
タレは甘タレと塩ダレの二種類。
トングも使いやすそうで気分が高まってまいります。


そして、同時注文していた肉がご登場。

f:id:motan1129:20170527151327j:image
「並 タン塩」(1600円)
鮮やかな赤色に程良く脂が乗っている。
塩ダレが輝くミドルサイズなタンが6枚。

店員さんからその都度焼き時間のアドバイスがされるのですが、こちらは両面20秒焼きがオススメとの事。


まずは一枚、焼き台に乗せ頭の中で20秒数える。
裏返したら、箸に持ち替えてもう20秒経過したらアッツアツのまま即座に口の中へと運ぶ。


すこぶるジューシーな脂と肉汁で濃厚な味の塩ダレとの相性がハンパない。
厚みも申し分なく、弾力も程良く噛んでいて気持ち良い。

本当に美味しすぎます。
これで並なのに、上はどうなってしまうのか。。

 

続いて、

f:id:motan1129:20170527151353j:image

「ハラミ」(1800円)
焼肉好きな友人が塩がオススメと言っていたので塩オーダー。
かなりの厚切りですが、四切れで1800円と中々のお値段。
果たしてお味は如何に。。


こちらは両面30秒ずつ焼くのがベストとの事。

f:id:motan1129:20170527151519j:image

f:id:motan1129:20170527151531j:image
高額なだけにしっかりと焼いて一気に口に頬張る。


最高に美味しいです。
厚切りなのに歯切れ抜群。筋繊維はホロっと崩れて脂身は甘く旨くとてつもなくジューシー。
ガツンとニンニクが香る塩ダレが相まって口の中は宇宙。

ここに来たらマストで頼みたい品です。


続いては、

f:id:motan1129:20170527151416j:image
「ロース」(1250円)
並でこのサシの入りよう。
程良くタレに浸かった美しすぎるロースです。

こちらは両面4秒ずつとの事。さっと炙るイメージでしょうか。

f:id:motan1129:20170527151553j:image

焼き色がまた良い〜感じ!!

即座に頬張ると、口の中が甘い脂と肉汁で溢れました。
ウマイ。美味すぎる。。


サラッとしているが濃厚なタレが後を追ってきます。


この値段でこの美味しさ。驚愕です。

 

f:id:motan1129:20170527151629j:image
ドリンクは「チューハイ」(440円)に変更。
焼肉の脂をサッパリとさせてくれます。


内臓系もいっとこうと、、

f:id:motan1129:20170527151647j:image

「センマイ焼」(1000円)
割と粗めのカットが嬉しい、立派なセンマイ。
良く焼きでもコリコリっとした食感が残る上質なセンマイでした。

 

続いてサイドメニュー。

 

f:id:motan1129:20170527151728j:image

「豚足」(500円)
びっくりするくらいの量。
そして、綺麗な色をしている。

僕は豚足が大好きでお店にあると良く注文するのですが、こちらのモノがダントツで一番美味しかったです。

しっかりと肉が付いており、その味は大変濃厚。

f:id:motan1129:20170527151833j:image

f:id:motan1129:20170527151805j:image

f:id:motan1129:20170527151848j:image
皮の部分は超絶プルプル。何と言っても、付け合せの酢味噌が抜群にウマイ。

酸味は弱めですが、フルーティーな香りと甘みが強くこちらの豚足にどっぷり付けて豪快に齧り付くともう最高◎

側から見ると、一人で豚足をがっついている変な人に思われたかもしれませんが毎回頼むメニュー決定!!!


そして焼き物に戻ります。

「ハツ塩」(1080円)

f:id:motan1129:20170527151936j:image
こちらの焼き時間は、確か両面10秒ずつ。

も〜プリップリです。
これ本当にハツかよって思うくらい。

今までの概念が覆される、美味な心臓でした。

 

 

f:id:motan1129:20170527152158j:image
カウンター上の品書きから、少し変わりダネも頼みたいな〜と思いチョイスしたのが、、

f:id:motan1129:20170527151954j:image

「にぎり」(580円)
ジャンボのロゴが彫られた、綺麗なゲタに乗せられたシャリと美しいサシの入った肉。

訪問当日のお肉はイチボ(お尻の先の方の肉)を使用。

またシャリは玄米茶を使って炊いたとの事。

店員さんが2秒弱、さっと炙ってからシャリの上に乗せてくれます。

f:id:motan1129:20170527152018j:image

もちろん、一口で頬張ります。

 

う ま す ぎ る


一人なのに、満面の笑みを浮かべてしまうくらい究極美味しかったです。

タレ肉✖️ご飯。
これだけで美味いはずなのに、寿司にする事によりそれが同時に、ジャストに、口の中で融合する!!
玄米茶のシャリは予想以上に旨味が強く、それを口内温度で溶けたイチボが一粒一粒コーティングしてゆく。。


肉寿司って全然食べたことないのですが、こちらのは日本でもトップ3に入ると断言出来そうなくらい美味しかった!!

 

そろそろお腹もいっぱいなのでシメにチョイスしたのは、、

 

f:id:motan1129:20170527152112j:image
「ワカメスープ ハーフ」(330円)
最初レギュラーサイズを頼んだ所、3〜4人前あるとの事でハーフサイズを注文。


なのにかなりデカイ!!ウレシい!!!
器はアッツアツで湯気がモクモクと出ている!!最高ですな〜。


一口飲むともう止まりませんでした。
あっさりしていますが、出汁が濃い。。!
ワカメもシャキッと食感を残していて、こんなに美味しいワカメスープは初めて飲んだ泣

しかも330円。
感動です。

一気に飲み干して、本日はこれにて終了。

以上のものにチューハイをもう一杯追加して気になるお会計は、、

9620円!!


希少部位を注文しなかった事もあり一万円以内に収める事が出来ました。

安いとは言いませんが、この味でこんな値段でいいのと少し申し訳なくなりました。

ドリンクもその辺の高級焼肉屋さんより全然安いと思います。(ウーロンハイ550円とかは平気でするので)

今回は並タンや並ロースなど上系は一切たのんでないですが、これだけは言えます。

並でも、滅茶苦茶美味しかったです。
特にロースなんて普通の店で出す特上レベルでは無いでしょうか。


店員さんの接客態度も温かく、厨房は丸見えなのでよく見ていましたが皆様プロ意識が高そうでした。


本当に素晴らしいお店だと、心の底から感じました。

もう鮨屋行けなくなっちゃうよ。。笑
と思いながら、再び丸ノ内線に乗る23時。

 

ご馳走様でした!!!