あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんの台湾料理屋巡り 杉並区西荻窪「珍味亭」

呑兵衛が集う街、西荻窪

荻窪と似ているように思われがちだが、路地裏にこじんまりとした飲食店や飲み屋が所狭しと立ち並びディープさが強い。


駅前で飲む機会が結構あって、その際に一つ異次元なオーラを放っている看板をいつも目にしていたのでいつか訪れてみたいと思っている店があった。


その名は、「珍味亭」。。


情報を調べてみたところ、土日祝が定休日のようだ。(どうりで毎回シャッターが閉まっている訳だ)


少し訪問ハードルが高いが、この日は仕事を終えて急いで電車に乗りこの店の為に西荻窪に向かった。


駅から徒歩30秒の好立地!!
かの有名な戎通りの中に、その店は佇んでおります。

 

f:id:motan1129:20170518111858j:image
台湾料理】と怪しげに光るネオン。。
こういうの堪らなく好きなんですよね笑

 

f:id:motan1129:20170518111917j:image
外観は中々ディープ。。!!
年季が伺える、シミついた暖簾がまたイイ!!!

 

店内に入るとテーブル席へと案内される。
中華料理服を着た、優しそうなメガネの店員さん二人で切り盛りされているようだ。


一直線のカウンターが8席程と、二名用テーブルが一つ。
外には瓶ビールのケースを使った、特等テラス席も存在していた。


赤を基調とした店内はノーBGM。
常連さん方の話し声と、料理の調理音が心地よい。

 

f:id:motan1129:20170518112009j:image
壁に貼られたメニューの赤色と黒色のコントラストが素晴らしい。
様々な種類の台湾の酒を置いている様だ。


さて、まずはドリンクを注文!!

f:id:motan1129:20170518112025j:image
「ビール 大」(600円)

まずは、、とビールを注文!!
当店の瓶ビールはキリンラガービール
中華系の飲食店はキリンラガービールがテッパンですな。
仕事が忙しかったので、いつもの倍ウマイ。

 

そしてビールと同時に注文していたのが、、

f:id:motan1129:20170518112045j:image

「豚足」(650円)
当店の看板メニューであるこちらの豚足煮。
かなり大ぶりであり、見た目のインパクトは絶大!!!!

いい色に煮付けられています〜。

f:id:motan1129:20170518112248j:image
箸で触ってもプルップルなのがわかる。

豪快にかぶりつくと予想通り、物凄くプルプルです。
肉感はあまり残さず、とにかくプルプル重視。

味付けは見た目とは裏腹に、非常シンプル。
ほのかにニンニクが香る、コクのある醤油味だ。

もっと八角っぽい香りがするのかな〜と思いましたが、良い意味で期待を裏切られました!!
この店に訪れたら、マストで頼まなければいけない一品です。

 

f:id:motan1129:20170518112257j:image
こちらは料理と同時に提供されるタレ。
ものすごくニンニク効いてます。

名付けて、「究極的大蒜溜醤油」。


お次に頼んだのは、、

f:id:motan1129:20170518112317j:image
「豚耳 頭肉 半々」(450円)
数ある豚料理は、ハーフハーフで注文する事が可能です。
この量で450円は安い!!


まずは頭肉から頂きます。
しっとりとした食感で、筋繊維がほぐれる感じが気持ち良いです。
味付けも、程よく良いバランス。

頭肉はやきとんでしか食べたことが無かったですが、かしらチャーシューって感じで美味しかったです◎


続いて豚耳。
豚耳の「煮」は初めて食べるな。。

柔らかいけどコリッコリッ!!
これまた煮汁の香りがじんわりと口の中に広がってビールによく合います。


これにてお会計。
ビール大瓶を二本注文し本日は約2300円也。(二名)
サクッと飲むには素晴らしい店です。


常連さんが皆、渋めの方達ばかり。
それが店のオーラと混ざり合い、まるで別世界に訪れたかの様な気分になります。


美味しい台湾煮豚料理に酒。
次回訪れる際は、紹興酒で一杯いきたいものです。


ご馳走様でした!!!