あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんの鰻屋巡り 渋谷区道玄坂 「元祖 うな鐡」

こんばんは。20代も後半に差し掛かり、無性に食べたくなってくるものリストに鰻の串焼きが追加されたあんさんです。


ゴールデンウィークが終わってしまった五月中旬。
梅雨にも入ってないのに、梅雨明けした様な天気だ。
なんと、最高気温は27度。
記憶がある内では、こんな気候になった事はない。


さて、渋谷に降り立って向かった先は道玄坂を一本曲がった路地。
キャバクラなどが多く入っている怪しいビルの先に店は佇んでいた。

 

f:id:motan1129:20170513100138j:image

その名も、「元祖 うな鐡」。

 

これまた若干怪しげな、良い〜外観です!!
暑い日には鰻を食べて元気を出しましょう、と洗脳されている我々の考える事はやはり同じなのか。


時刻は18時30分だというのに、店内は満席でございます。。!!


なので、しばし外で待つ事に。


10分程待つと店内に案内される。
店はカウンターと、かなり狭い感覚で置かれたテーブルの構成。


食欲をそそる鰻の香りが漂い、熱気に溢れています。


まずは、とドリンクを注文。

f:id:motan1129:20170513100223j:image
「瓶ビール」(670円)

暑い日は生ビールか迷いますが、、安定の瓶ビールで乾杯!!

 

お酒を注文したお客にはお通しが提供される。

f:id:motan1129:20170513100234j:image
「お通し」(250円)

大根スライスです。
軽くお醤油を垂らして頂きます。

 

そしてメインディッシュである串焼きを注文!!!

 

のはずが、、

 

あまりの売れ行きに、売り切れ串続出だそうです。。


非常に残念でしたが、ある分で御願い致しました。

 

待つ事10分程で提供されます。
(串は一本単位の値段)

 

f:id:motan1129:20170513100319j:image

左から、
「串巻き」(220円)

鰻の背中の身の部分です。
とても柔らかくジューシー。
タレもサラッとしていて美味しい。

「きも」(220円)

鰻の内臓全体になります。
苦味とコクが堪らない。。
精が付きそうな一串!!


「短尺」(220円)

一口蒲焼です。
当店の鰻はかなりプリプリっとした食感に焼き上げられています!!
やはり脂たっぷりの鰻の身は最高です。


ここで箸休めの一品。

f:id:motan1129:20170513100331j:image

「うざく」(300円)

鰻屋の定番の一品。うざく。
かなり酸っぱめに仕立てられていて、脂が多い鰻串の味を更に引き立てます。

 

f:id:motan1129:20170513100342j:image
「くりから」(260円)

鰻の腹身になります。
そして当店のくりからは、白焼き!!
丁寧に蒸し焼きにされているので今までの串と違いフワっとした食感が楽しめる。
お好みでわさび醤油をつけて、味に変化を付けるも良しです。

 

ここでまたさっぱりとした一品を。

f:id:motan1129:20170513100352j:image

「肝ポン酢」(350円)

プリッとしたコクのある肝にさっぱりとしたポン酢。
日本らしい食べ物でありまする。
添えてあるもみじおろしが、アクセントとなります。


〆にもう一品鰻料理を。。!!

f:id:motan1129:20170513100403j:image

「うなぎ塩焼き」(520円)

こちら一皿で鰻の串焼き二串分だそうです。
ザクッと香ばしい焼き目が堪らなく、塩焼きだからこそ感じられる鰻本来の香りが感じられます。
串とは一味違った美味しさを味わう事が出来ました。

 

以上で本日は終了!!!

上記の品に、緑茶割りと日本酒を二合注文してお会計は6030円也(二名分)。


鰻という高級食材を非常に良心的な値段で食べさせてくれる素晴らしいお店です。


うな重や丼を食べさせてくれる店は渋谷に何店かありますが、多くの種類の鰻串を食べさせてくれる店は恐らく当店だけではないでしょうか。


もちろん、うな重も提供しています。昼にはランチサービスで、うな丼が1600円、うな重を2400円で提供している様です。

 

店員さんの接客も元気があって、気持ちよく店を後にしました。
渋谷で鰻が食べたくなった際はまた必ず立ち寄りたいです!!

 

ご馳走様でした!!!!!