あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。大の酒好き。 美味しい店をご紹介していきますので、良ければご覧になって下さい!!!

あんさんの鮨巡り その17 中央区銀座 「鮨 とかみ」 三訪問目

鮨 とかみ

食べログ鮨 とかみ

 

【銀座で一番】。。


の大きいシャリを食べに、この日も銀座シルバービルの地下にある「鮨 とかみ」に訪れた。

訪問も3回目になるので、今回はさらっとお鮨を紹介したいと思います。

津軽海峡の鮪が終わり、今回の鮨の構成は冬の終わりを感じ、同時に春の訪れを匂わせていました。

では未来の親方、将大さんの鮨の始まりです!!

 

 


まずは、突き出し。

f:id:motan1129:20170218162146j:image
「鰆のたたき」
鰆はたたきが非常に合います。
皮目はスモークの香りを纏い、身はしっとりと爽やかな旨味。。
この時期の高級鮨屋では、定番の一品ですが鰆は元々の味が強い訳ではない為、お店の味が非常に良く現れます。

 

f:id:motan1129:20170218162441j:image
また本日の飲み物は、温かいお茶で。


一貫目 「平目」

 

余りに早く鮨食べたすぎて写真を撮り忘れてしまいました笑
寒平目の時期もそろそろ終わりです。
有り難みを感じながら、もっちりとした食感を楽しみます。
やはりここのシャリは旨い。。!笑

味は見た目と違って、口当たりの良いまろやかな酸味です。

 

二貫目 「墨烏賊 下足」

f:id:motan1129:20170218162532j:image

身はサクッとしていますが、下足は柔らかい印象が強いです。
よく考えたら、この赤酢のシャリで下足が頂けるのは相当レアな事だ。

 

三貫目 「春子」

f:id:motan1129:20170218162547j:image

当店の春子はいつも非常に美味しいのですが、今回は種の温度が低く逆にシャリの温度が高かった(丁度、交換時)ので一体感が余り得られませんでした。

 

四貫目 「赤身漬け」

f:id:motan1129:20170218162602j:image

今回の本鮪は三宅島産。
非常に爽やかな酸味でマッタリ度は流石です。
包丁が丁寧に入れられてるお陰で、柔らかさは抜群です。

 

五貫目 「中トロ」

f:id:motan1129:20170218162621j:image

これまた鮮やかなグラデーションです。
トロッと溶ける脂と旨味が素晴らしい。
津軽海峡のモノにも勝るとも劣らない美味しさです。


六貫目 「小鰭

f:id:motan1129:20170218162635j:image

薄めに切られた小鰭
少しシャリに負けてしまっている印象を受けました。
でも、鮪の後の小鰭、やっぱり良いですね。


七貫目 「平貝」

f:id:motan1129:20170218162651j:image

この日の平貝は絶品でした。
とにかく柔らかい歯切れで、驚く程甘い。
旬の平貝はこれほど美味しいものなのかと感動しました。
今日イチ一貫決定。


八貫目 「車海老」

f:id:motan1129:20170218162703j:image

これも当店を訪れたくなる理由の一つです。
何と言っても、火入れ加減が絶妙。
温度は人肌。甘味が最大限に引き出されている最高に美味い車海老です。
味噌もたっぷり入っています!!


九貫目 「鱚」

f:id:motan1129:20170218162715j:image

昆布締めの仕事が施されています。
この握りも、鮨とかみの定番なのですが昆布の味をかなり前面的に出しているのが特徴です。

 

十貫目 「赤貝 紐」

f:id:motan1129:20170218162734j:image

珍しい紐の握りです。
香りは赤貝そのもの、食感はコリコリと気持ち良い。
面白い一貫でした。


十一貫目 「煮蛤」

f:id:motan1129:20170218162802j:image

もうすぐ旬を迎える蛤。
優しい甘さが噛むたびに広がります。
おまかせに煮蛤を出す店、僕は大好きです。


十二貫目 「鯖」

f:id:motan1129:20170218162816j:image

やはり、冬の鯖は最高。
身が厚く、脂のノリも抜群。
なので締めの仕事が最大限に引き出され旨味がグッと前に出てきます。

 

 

f:id:motan1129:20170218162924j:image

ここでお椀が差し出されます。
あらの旨味が凝縮されすぎている。。!!
余りの濃厚さに驚きました。

 

さて、そろそろ終盤です!

 

 

十三貫目 「穴子

 f:id:motan1129:20170218163004j:image

爽煮の穴子に、控えめな煮ツメ。
穴子の状態は素晴らしいのですが、もう少し味を出しても良いかなとも思いました。


十四貫目 「鮪の突先 手巻き」

f:id:motan1129:20170218163124j:image

当店の看板鮨、突先の手巻き寿司です。
この日も絶品でした。滑らかな突先がたっぷり入った豪勢な鮨です。
まるで鮪全体の旨味を凝縮したような味わい。
是非、皆様にも味わって頂きたい一品です。

 

ラスト 「玉子」

f:id:motan1129:20170218163145j:image

美しい、黄金色に輝く鮨とかみの玉子焼き。
丁寧に芝海老を下ごしらえし、卵液は一晩寝かせ炭火を使用。上火のみでじっくりとり焼き上げていくそうです。約一時間弱かけて焼き上げられた、この玉子焼きはここでしか味わえません。
仕上げに表面にグラニュー糖をまぶし、バーナーで炙りキャラメリゼします。

表面はカリッと心地良く、中は究極的に滑らかです。玉子と芝海老の天然の優しい甘みが口の中に広がりデザート特化型で〆に相応しい、至福の玉子焼きです。


本日は以上で終了。
お会計は8640円也。


僕が何度もこのお店に訪れたくなるのは、やはり唯一無二のシャリの旨みと大きさ、鮪の美味しさ、車海老の火入れ加減、玉子焼きが最高だからなのだと染み染み感じました。

そしてこの日は秋葉原まで歩き、その後アメ横の立ち飲み居酒屋で飲みまくるのであった。。笑

ご馳走様でした!!!