読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんさんの筋肉食紀行

20代筋トレ大好きバンドマンあんさんです。 東京を中心に、自分が気に入った安くて美味しくて居心地が良い店を紹介していきたいと思っております!! よければ、参考にして下さいませ。

富山食紀行2

居酒屋

一軒目のおがわを後にし、次は地元民しか訪れないであろう焼き鳥店「こっこ家」へ向かう。

東京は、串の焼き鳥が安くて美味しい店がとても多い。どうしてもお酒と魚のイメージが強いここ富山で美味い焼き鳥が食えるのか、と少し不安に感じていた。

f:id:motan1129:20160928121336j:image

中々良い店構え〜。

少し緊張して戸を開けると、いかにも頑固そうなオヤジが焼き台に立っていた。

カウンター6席程にテーブルが1卓のみのとてもこじんまりしたお店。

 

 ちなみに、いらっしゃいませの一言も無し。笑

ちょうど二人帰った後のようで、席の片付けを後輩君がやる始末。。笑

率直な感想、なんだこのオヤジ仕事する気あるのか。。 

自分も長い事、飲食店勤務をしていたので接客態度等はどうしても気になってしまう。

 

まぁ、気を保ってなんとか席に座り酒を注文。

ちなみに注文もオヤジの隙を見て「注文していいですか?」って聞く許可制です笑

f:id:motan1129:20160928162303j:image

ハイリキを注文。

これ、サッパリ爽やかな味で凄く飲みやすくて美味いんですよね。。

 

で焼き鳥を一通り注文。

なんかオヤジの雰囲気が自分に合わず、とっとと食って帰りたいなと思ってしまっていた。

暫くしてオヤジは、何も言わずササミ串をスッと出してきた。

どれどれと一切れ口に運ぶ、、、、なんだこれは!!

とてつもなく美味いササミだ。。!!

中がレアなのは良くある供され方だが、レア加減が絶妙で鶏独特の旨味マックス、また肉の厚みがベスト。

タレは液体状でサラッとして、醤油のいい香りが鼻に抜けていく。

 

さっきまでオヤジに対して悪印象を持ちまくってたのに、思わず「めっちゃ美味しいですね!!」と口にしてしまう自分。笑

するとオヤジは「だろう?」と言わんばかりにニヤリと笑った。

その後ハツやねぎ間を頂きハイリキをお代わり。ジューシーすぎるよハツ。

 

なんだ、このオヤジただの腕の良い焼き鳥職人だったのか。

本当に良い職人の元には、店のルールが厳しくて何を言われようが、味や技術を求めて客が集まってくるもの。

 

しかも、少し話していくとただの頑固キャラを演じてる気さくな人であったのだ。

第一印象って大事だけど、それだけで人を判断してはいけないもんだなとまだ若造の僕は学ぶ。

 

富山で美味しい焼き鳥が食べれるとは思わなかった。ご馳走様でした!